読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Word of Mouse

自分が読んだり見たりした本・映画の感想備忘録。

映画『リリーのすべて』感想

ただただ美しく 恐ろしいほど美しい こんな形の愛があったのかと ひどく強く胸を打つ作品 リリーのすべて ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray] 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 発売日: 2016/09/07 メディア: Blu-ray この商品を…

本『そうだ、星を売ろう』レビュー

そうだ、星を売ろう 「売れない時代」の新しいビジネスモデル 作者: 永井孝尚 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2016/04/14 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 自社の強み(大抵は気づいていない)を必要とする顧客が誰なのかを考える 売…

映画『英国王のスピーチ』

友情の物語。 終始穏やかなテンションで話が進む。 映像が王室が舞台であることもあり美しい。 英国王のスピーチ (字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る

映画『博士と彼女のセオリー』感想

見始めた瞬間、この手の美しいイギリス映画は絶対に好きなやつだ、と確信。そして見終わった今、ものすごい好きだった。最後に実話なんだ〜〜と、知ってまた感動。アバウトタイムと並んで好きな作品入り。博士と彼女のセオリー [Blu-ray]出版社/メーカー: NB…

本『アンネの日記』感想

「絶望力が足りない」とanan(羽生結弦選手が表紙の笑)の診断に書いてあったことから、読むことにした名著。日記なので起承転結があるわけでもないし、ノンフィクション。めったに読まないジャンルだったけれど、とても興味深く、1ヶ月ほどかかりつつ読破。何…