Word of Mouse

自分が読んだり見たりした本・映画の感想備忘録。

『ジュラシック・ワールド』4D チケット予約方法と感想

「映画の概念が変わった!MX4Dチケット入手方法と体験談報告。作品も最高!!!」

ジュラシック・ワールド (竹書房文庫)

ジュラシック・ワールド (竹書房文庫)

 

 先日、ゴジラで有名な新宿TOHOシネマズにて、話題の『ジュラシックワールド』をMX4Dで見てきました!

 

MX4Dチケット入手方法

売り切れ続出で、入手はムリだろうと踏んでいたチケットをどのように買ったかをまとめます。

 

まず、TOHOシネマズではvitという予約システムでチケットを買います。二日前の0:00からチケットが売り出されるので、その時間のクリック戦争に勝つことが必要です。たとえば土曜日のチケットが欲しい場合は、水曜日から木曜日になる0:00に購入します。

 

まず一緒に行く人が複数人いる場合は、全員でクリックして総力戦を仕掛けましょう。

手元のパソコン、スマホ、全てを動員するとより効果的です。

スムーズな購入のために、事前に他の映画の予約覧で、パソコン・スマホ両方の予約を練習しておくことをおすすめします(私はスマホの予約画面操作に慣れておらず、やや手こずりました)。

 

そしてここがポイントなのですが…

23:57くらいになったら、画面をリロード(更新)しまくってください

0:00と同時に更新したのではライバルに何歩も出遅れてしまうのです。

 

回線が混雑してきたら、「あなたは〇〇番目のお客様です。順番にお繋ぎしますのでしばらくお待ちください」という画面になります。この〇〇番目が一番早いデバイスで操作しましょう!

 

そして待機状態が解除されたらいざ購入画面へ!

真ん中のいい席から埋まっていきます。僅差で「その席は他のお客様がすでに選択してあります」というメッセージが出ますが頑張りましょう。ちなみに、MX4Dは端っこの席でも通常の劇場より真ん中寄りに設計されているので十分楽しめますよ。

 

MX4Dの衝撃体験

激戦をくぐり抜けいざ上映!と勇んでスクリーンに入ろうとすると、映画館のお姉さんに呼び止められます。

「足元にものを置くことができませんので、荷物はロッカーにおあずけください」

まさか映画館でロッカーを使用するなんて…そんなにMX4Dって激しいのか…

 

びびりまくりながらいざ上映。

椅子がなめらか〜に動く動く。風がビュオオ。土の匂い。飛沫。フラッシュ。背中からのつっつきetc...

とにかく来てよかった!と思わせる新しい映画体験でしたよ!!!!

 

ジュラシックワールド本編感想(ちょっぴりネタバレ)

やっぱり恐竜めちゃくちゃ怖いんですよ。不穏な空気になるたびに顔をそむけ目をちょっとつむっちゃいました(震)

それでも、何よりラプトルがかわいいし、オーウェンがイケメンでしたね^^

最後の激闘では前作まで怖い存在だったティラノサウルスの活躍っぷりにもう怖さは消え、興奮気味に応援してました。あとラプトル4姉妹の長女ブルーが特にかわいい。幕引きでは一筋涙が私の頬をつたいました。「めちゃくちゃいい作品を見た」っていう嬉し泣きです。

 

次回作への伏線と思った点とか

研究所のシーンで、恐竜の胚がインジェン社によって盗まれました。今後も恐竜開発が続きそうです。

そして、恐竜にとっても詳しい弟のグレイが、インドミナス・レックスの歯を見た時に、「55本しかない」と言っていたこと。88本の恐竜を作っていたという話でしたので、もっと恐ろしい恐竜がまた出てくるんでしょうか…

 

ここ数年で一番興奮した作品!