Word of Mouse

自分が読んだり見たりした本・映画の感想備忘録。

映画『思い出のマーニー』感想

「途中からマーニーがアンナにとって誰なのか推理をしまくった挙句結末に唖然。しかし予想が外れました。ネタバレになっちゃうから続きは別に書きます!」


※以下ネタバレあります。

金曜ロードショーで見ました。
とにかく現実と夢が錯綜しまくるストーリーに翻弄されました。アンナ精神状態大丈夫なのかな?色んなところで眠りこけてるし………。というツッコミがひとつ。

途中マーニーとアンナに何らかの血のつながりがあることはわかったけど、じゃあ姉なのか母なのかと予想するわたし。
マーニーがアンナをカズヒコと呼んだところで「アンナはカズヒコの娘!」と思いっきり勘違いをしてしまいました。つまりマーニーは死んだアンナの母親なんだ、と。
そうだったらこの話は泣けたと思うんです。
先に死んだ母親が、ほんとうはアンナを愛してたとか、ごめんね許してとかの方が私は泣けたし、親子愛ものって絶対泣ける。

でもしかしだが、but……マーニーはおばあちゃんだったーーー

あれ、全然泣けないよ……アンナの母親普通にやなヤツだったし……え、おばあちゃんって、……えー。

そして血のつながらないおばさんと和解。うん、なるほど、そうか…
あれー…

私好みではないようでした><