Word of Mouse

自分が読んだり見たりした本・映画の感想備忘録。

『おそ松さん』が流行った理由を真面目に考えてみた

2015年10月に放送を開始して以来、飛ぶ鳥を落とす勢いで今や大人気アニメとなった『おそ松さん』

おそ松さん 第二松 [DVD]

その人気を生んだ理由をちょっぴり真面目に考えてみようと思う。
 

豪華な声優陣

『おそ松さん』はアニメ放送前から注目を集めていた。
それは豪華すぎるイケメンボイスな声優陣が揃って出演することが決定したからである。
具体的には
おそ松:櫻井孝宏
カラ松:中村悠一
チョロ松:神谷浩史
一松:福山潤
十四松:小野大輔
トド松:入野自由
 
「こんなイケボな六つ子見たことない!」と話題を呼んだ。
さらに、脇を固めるイヤミ(鈴村健一)などまでも人気の声優陣であった。
 
このように、『おそ松さん』はアニメが始まるその瞬間に、声優陣に惹きつけられた相当数のファンを視聴者として獲得していたため快調なスタートダッシュを切ることができたのだろう。

6色と推し松

しかし、イケボだけでは『おそ松さん』はここまでスケールしなかっただろう。
アニメの人気を加速したのは、六つ子にそれぞれ6色のイメージカラーを授けて、ファンに好きな「推し松」を応援させるような戦略をアニメ制作陣が仕組んでいることである。
 
イメージカラーは実際のアイドルにもよく用いられており、たとえばももいろクローバーがわかりやすい(青色のあかりんがいた頃の6色は六つ子の6色と同じである)。

行くぜっ!怪盗少女(通常盤)

 

よって、ファンは自分が一番好きな六つ子を色でもって表現することができ、これがファン同士でも大変わかりやすく楽しめる。
グッズ展開にも6色は効果的に用いられている。

おそ松さん 集合 クロッキー帳

 
余談だが、筆者の推し松は五男・十四松で、好きな回は「恋する十四松」である。
 

攻めた下ネタ

下ネタは性別や人種を問わず人類共通に愛されている。嫌いな人ってあんまりいない、気がする。
おそ松さんの監督を手掛けるのは、アニメ銀魂の監督も担当した藤田陽一氏である。このことからも、おそ松さんのギャグが面白いのは納得がいくだろう。
しかもアニメではモザイクとか「ピー」が炸裂しており、ギリギリなところが楽しい。
 
こうした天才たちによって生み出された質の高いギャグが人気を生んでいる。
 
しかもおそ松さんはニートで非リア充
男性目線でもおそ松さんの底辺っぷりには愛着がわいてしまうのでは。
 

イケメンではないからいい

年末スペシャルでは声優陣が副音声で座談会を行うという企画があった。

そこで出演する彼ら自身驚いていたことの中に、女性スタッフが積極的に「おそ松さん見てます!6人の中では○○松が好きです!」と声をかけてくるようになったというエピソードがあった。

これはおそ松さんならではの現象ではないか。

もし、イケメンがたくさん登場するアニメのキャラクターを「大好きです!」と主張していれば、特に大人の女性の場合「あの女マジで痛いオタクだな…」と一般人の視点からはドン引きされてしまうだろう。

 

しかし、おそ松さんはイケメンではない。

むしろ国民的キャラクタードラえもんのび太たちに近いポジションである。

イケメンというよりゆるキャラに近い親しみやすさがある。

さすが赤塚不二夫先生の生んだ六つ子たち。

 

また、おそ松さんのキャラクターデザインを担当しているのは『劇場版ドラえもん』総監督も務めた浅野直之氏であることも、キャラの親しみやすさの仕掛けの一因なのだろう。

 

女の子がかわいい

男も女もかわいい女の子が好きだ。

アニメヒロインはかわいくかつ性格がよくてナンボだと思う。

 

おそ松さんのヒロイン・トト子ちゃんはとってもかわいい。

しかも色々と突っ込みどころの多い性格で愛嬌たっぷりである。

 

トト子ちゃん絡みで触れておきたいのはF6についてである。

F6は1話とクリスマス回で登場した、六つ子が『うたの☆プリンスさまっ♪』と『花より男子』のパロディとして変身する現代風イケメンとなった姿。

おそ松さん トレーディング缶バッジ vol.2【BOX購入限定/全員集合 F6ver.】単品

トト子ちゃんがF6とべたすぎる恋愛を繰り広げる様子は面白いしリアルな妄想女子を体現している。

また、視聴者の多くの女性もトト子ちゃん同様妄想力はたくましい。

イケメンではない六つ子をF6のようにイケメンに置き換えて楽しんでもいいし、二次創作の余地を多く残しているのは制作陣「わかってるな~」って感じがする。

しかも近いうちにおそ松さんの乙女ゲーがオトメイトから出ることが発表されている。

 

全国のトト子ちゃん垂涎の戦略が続々と打たれている。

www.animate.tv

 

中毒性のあるオープニング曲

おそ松さん一話を見てハマってしまったのはオープニング曲、『はなまるぴっぴはよいこだけ』だった。

はなまるぴっぴはよいこだけ

はなまるぴっぴはよいこだけ

 

 


[おそ松さん]はなまるぴっぴはよいこだけ / A応P 映像あり

 

歌はA応P(アニメ応援プロジェクト)、曲はあさき。

はじめ聞いたとき「やくしまるえつこ」さんかと思ったくらいかわいかったので結構意外だった。中毒性が高く、映像のセンスもよく、何度も見たくなるオープニングである。

 

原作が有名

あえて最後に書いたのだが、『おそ松さん』の原作『おそ松くん』は50代くらいの方なら若いころ見ていたという人が少なくない。

しかし、もともとの作品の知名度があったとはいえ、今放映しているアニメを見ている世代は10代や20代という若い世代だろう。

原作の赤塚不二夫『おそ松くん』はそんなに知らないけれど、新しくファンになった、という人がほとんどではないか。

 

そういう意味で、原作が有名だということはこのアニメの人気の土台にはあるけれど、そこまで決定的な要因ではないように見える。

プラスアルファの制作者たちによる創意工夫が実を結んで、この爆発的ヒットを生んだようである。

 

今後の『おそ松さん』の展開が大いに楽しみである。