読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Word of Mouse

自分が読んだり見たりした本・映画の感想備忘録。

本『自分の小さな「箱」から脱出する方法』

当初の想定とは全く違う内容だったので肩透かしでしたが、内容としては面白かったです。

 

当初の期待してた内容

:自分の思い込みを取り払って、新しい挑戦ができるようになる手助けになる本

例)英語嫌いで自分の箱に閉じこもっているけど、これを読むと英語のやる気が起きる

⇒こうした自分個人に関する成長にまつわる話は全くない。

 

実際の内容

:同僚や上司、家族や恋人との対立を解消してくれる本

⇒つまりは対人関係をよくして毎日を幸せにする本

 

自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

  • 作者: アービンジャーインスティチュート,金森重樹,冨永星
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2006/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 156人 クリック: 3,495回
  • この商品を含むブログ (421件) を見る
 

 

ポイント)箱から出る方法

相手を自分と同様きちんと尊重されるべきニーズや希望や心配事を持った1人の人間として見始めたその瞬間に箱の外に出る