Word of Mouse

自分が読んだり見たりした本・映画の感想備忘録。

本『働く女子の運命』感想

まさに総合職女性として自分の今後の運命が

よくわからないために

不安になって手に取った一冊。

 

 

*1" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51H3lH2BfaL._SL160_.jpg" alt="働く女子の運命 *2" />

働く女子の運命 *3

 

 

 

この手の授業大学で受けておけばよかったなあ…と思うほどアカデミックな教科書的本。

 

難しい歴史とか労働法とかの話もあるのでかいつまみつつ。。

 

結論大学生まではこんなに男女の差がなかったのに

急に仕事を始めると

出産育児の時期ゆえに差をつけずにはいられないんだと理解。

過去の日本において、ワークライフバランスは男がワーク・女がライフを担うことでバランスが取れていたけれど、今はそのバランスは崩れてしまった…

 

自分の親世代は参考にならないし

実際直面しながら苦戦しながら

折り合いをつけていくことになるのかしらと思いました。(答えはない)

 

理想的な活躍モデルの女性が周りにいないことも悩み…まわりには下記3パターンに分けられる気がする。

①一般職で二十代のうちに出産

②総合職で男性同様の働きっぷりで独身orDINKS

③総合職でマミートラック(出張とかが少ない職種)につく子持ち母

 

②にはなりたくないから③が現実的なところ?

むむむ…

*1:文春新書

*2:文春新書

*3:文春新書